いつの間にか減ってしまっていて営業先でも名刺がなくて困ったという思いをした方は少なからずいるのではないでしょうか。きちんと在庫管理をしてその都度名刺発注もしておく事は大切です。インターネットでも気軽に発注ができるので利用している方も多いですが、上手に使いこなしていくにはやはり気をつけておかなくてはいけないこともたくさんあります。名刺ですから、自分の氏名や所属している会社など、必要な情報を入れ込んでいかなくてはいけません。小さな四角い範囲の中に、どんな事を入れておけばいいのか発注前には良く吟味しておく事が大切です。そうしないと、名刺を見直してもらっても「この人はあまりセンスが良くないな」と思われたりマイナス材料になってしまう事もあります。

必要な情報を取捨選択することが大事

せっかく新しく名刺を印刷するのだからと、何でもかんでも印刷範囲一杯にデータを入れ込む人がいます。それでも作れないわけではないので構わないのですが、渡した時にごちゃごちゃとしたスッキリしない名刺をもらっても見直そうと思ってくれることはありません。住所や電話番号、名前に会社名など、伝えたい事はたくさんあるでしょう。名刺発注も安く製作をしてくれる業者も増えていますので、仕事内容や紹介したいサービスなどによって、幾つか作り分けておくぐらいの気持ちで、印刷スペースに記載する情報は絞り込みましょう。自分も名刺を持つという事は、他の人と交換もしているでしょうから、目に付いた良いデザインは参考にすれば、これまでとは違ったすっきりとした見やすく必要な情報が伝えやすいものができます。

実際のデータを作っていく時の注意

名刺に記載したい事柄も決まれば、今度は実際にデータを製作していく事になります。各業者でフォーマットやテンプレートを用意してくれているならそれを用い、そうでない場合には必要なファイルで保存ができるように作業を行います。データに不備があると名刺発注をしても作業が進まないですし、もし作業が進んだとしても、文字が抜けていたりするなどのミスが後から見つかることもあるので作り直しをしなくてはいけないこともあります。名刺を作る時には、相手に覚えてもらえるようにと目立ちたいという考えで作りたくなってしまうのですが、色を使いすぎると今度は逆にみづらくなりますし、料金も上がる事もあります。予算内でかつデザイン性も高い名刺を発注できるように、誤字脱字も内容に見直してから依頼をしましょう。