今ではとても高品質なプリンターが低価格で購入できますので、印刷の専門業者に依頼しなくても名刺作りが手軽にできるようになっています。とても美しい印刷を実現してくれますから、低価格のプリンターさえあれば他は要らない印象が強くなるところですが、専門業者のクオリティには流石に及ばないのが現実です。細かな文字の美しさ、滲みの少ないはっきりした見栄えなどは、専門業者の高度な印刷機に頼らなければ実現できません。専門業者とはいっても、少ない枚数でありながらとても安く印刷してくれるところがたくさん見かけられますので、予算をケチらずに名刺印刷を積極的に依頼することをおすすめします。名刺発注の際のポイントがいくつか存在しますから、知識が乏しい人は参考にしてみてください。

入稿する名刺の原稿は完璧に作ること

名刺発注ではデータで原稿を作成するのが今や常識です。紙の原稿でも受け付けてくれるところがあるでしょうが、料金が高くなったり納期までに時間がかかりやすいのがネックです。データで名刺を作る場合、原稿は修正が不要な状態にまで完璧に仕上げてください。名刺発注をした後に専門業者がデータをそのまま印刷に回すからです。特別な注文でもない限りは、基本的に専門業者がデータに手を加えることがありません。文字の入力を間違っていないか、印刷予定の情報が抜け落ちていないか、原稿サイズは合っているかなど、入稿前に念入りにチェックしましょう。データを送った後に印刷が開始されれば、もう修正はできません。間違った内容で入稿すると、そのままの状態で印刷されますので、枚数が多いほど失敗した時のダメージが大きくなります。

名刺の画像を送ってそっくりそのまま作る方法

データを自分で仕上げて入稿する方法は慣れてしまえばそれほど難しくありませんが、パソコンソフトの使い方を覚えなければならない、失敗するリスクがあるなど、手間がかかる部分があるのは確かです。簡単に入稿できて、失敗のリスクを大幅に下げたいのであれば、画像データをそのまま送れば名刺発注ができる専門業者を選んでみましょう。画像データはパソコンソフトで一から作る方法ではなく、デジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能、スキャナーなどで取り込んだ名刺のデータのことです。今持っている名刺に変更を加えること無く、そっくりそのまま注文したい場合に役立ちます。画像データを元に専門業者が印刷してくれるため、作業がとても少なく簡単です。写真を撮るようにそのまま画像データにしますから、失敗するリスクがありません。